独学は厳しい…

独学の方が費用は掛からない

行政書士合格目指して勉強することにしたとします。まず最初に頭を悩ますこと、それは「講座か?独学か?」ではないでしょうか。端っからどちらかに決めている人はそれでいいのですが、どうしようか迷っている人は少なくないと思います。

当たり前の話ですが、講座を取るとなるとお金がかかるわけです。独学だとこの講座費用はそのまま浮くわけで、独学で合格できるのなら独学の方がいいと誰もが考えることでしょう。

というわけで、行政書士試験は独学でも合格可能なのか、それとも無理なのか、考えを述べさせていただきたいと思います。

独学で合格は無理ってことはないと思う

独学か講座か

私は、行政書士試験の勉強、独学では無理ってことはないと思います。合格可能だと思いますよ。ただ、時間はかかると思います。そうですね、早くても3年程度はかかってしまうのではないかと。

理由は、「理解が遅くなる」こと、「効率化が図れない」こと。この2点でしょうか。

普通に考えれば、未知の知識を理解してそれを問題として解答できるようになるまでは、プロから教えを乞う方が、取得は早いに決まっているわけです。誰がどう考えてもそうなるはずです。

もう一つ、行政書士は効率を図った勉強で短期合格が可能とお話しましたが、独学だとこれができないですよね。できても、不十分かつ限定的。

試験を十分知り尽くしている人間に効率的な勉強を教えてもらえないのは結構大きなハンデになると思うのです。

これが独学で合格は可能だが時間が掛かるという理由です。

講座は時間をお金で買うと考えよ

その点、講座は早ければ半年程度で合格可能です。私、初学者が春先(3月でした)に行政書士の講座を取って、その年の本試験に合格していったのを目の当たりにしました。見事に初学者が一発合格です。社会人の方でした。

独学の方は費用の点で講座を拒否されているのだと思います。その費用は、「合格までの時間を買う」と考えてはいかがでしょうか。独学で合格までの期間、講座を利用しての合格までの期間の差、この時間短縮の差を買ったと考えるのです。

時間は貴重ですよね?社会人ともなればなおさらです。社会人の方なら、日々痛感されてるのではないでしょうか?

もちろん、価値観はそれぞれです。「自分はそうは思わないな」という方がいらしても全然いいと思います(笑)。