試験会場

行政書士試験の日程や受験資格など

行政書士試験とはどういうものなのか、お半死していきます。試験の日程や受験資格、受験料、そして、申し込みや合格発表などをお話します。

試験概要表

参照元:一般財団法人 行政書士試験研究センター

項目 ひとこと
受験資格 年齢、学歴、国籍等に関係なく受験可
試験日 例年11月第2日曜日
合格発表 翌年1月末
受験場所 各都道府県
願書等 夏に配布
受験料 7,000円

試験のスケジュール

試験日と合格発表は以上のとおりですが、この前後のスケジュールをもっと詳しく説明しましょう。

まず受験案内ですが、毎年7月の下旬に公表されます。行政書士試験研究センターのHPに公表されますので、時期になったらアクセスしてみてください。

そこでその年の試験日程含め、受験案内の配布方法も発表されます。郵送か取りに行くか。県庁の担当部署で直接受け取れる場合が多いですが、詳しくは該当都道府県ごとお調べください。

  1. 7月下旬 受験案内配布・受験願書受付(同時期に開始されます)

  2. 10月 受験票交付

  3. 11月第2日曜日 試験日

  4. 翌1月 合格発表

試験当日

試験会場は全国各地です。平成30年度は以下の通りです。
試験会場一覧

試験時間は午後1時から4時までの3時間。この3時間で60問を解答します。解答は57問がマークシート方式、3問が記述式です。

合格発表まではちょっと期間が空きます。気が気でないでしょうが、解答速報は予備校各社が当日夜に出しますので、ある程度の合否は当日判明はします。