統計データ

過去の合格率の統計は?

これから行政書士試験を受験しようかどうか考えている方は、合格率って結構気になると思うのです。難易度の指針になり得る数字ですし、それによって受験するかどうかを決めようという方もいらっしゃると思います。

というわけで、公表されている合格率をここ何年かの統計をまとめてみました。同時に、そこから見えてくる受験者増も検証してみました。

受験者数・合格者数・合格率

試験の制度が変わった2006年度から現時点で最新の2018年度までの、直近13年のデータです。


女性

「過去13年」というと、半端な数字と思われるでしょうが、これには理由があります。実は、2006年度(平成18年度)の試験より制度が大きく変わり、それまでの試験とは様変わりしました。制度変更初年度からの統計ということになります。

参照:一般財団法人 行政書士試験研究センター

年度(平成) 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
18 70,713 3,385 4.79
19 65,157 5,631 8.64
20 63,907 4,133 6.47
21 67,348 6,095 9.05
22 70,586 4,662 6.60
23 66,297 5,337 8.05
24 59,948 5,508 9.19
25 55,436 5,597 10.10
26 48,869 4,043 8.27
27 44,366 5,820 13.11
28 41,053 4,084 9.95
29 40,449 6,360 15.72
30 39,105 4,968 12.70

合格率の推移です。

行政書士試験合格率推移

統計から何を読み解く?

行政書士試験は、一定の要件を満たせば、合格できる試験です。上から何人まで合格という類の試験ではありません。その上で、合格率に変動があるということは、問題の難易度によるものと考えられます。大体、1年ごとに難易度が高い年がやってくるのですかね。

ただ、わずかではありますが、年々合格率は上がっているようではあります。平成29年度では合格率15%を超えました。問題が簡単傾向になるのかなと思って近年の問題を年度ごとに調査してみました。

問題の難易度が下がているということはありません。同等、もしくは上がっていると思います。ということは、合格者のレベルが上がっているということだと思います。受験者ではなくて合格者です。絶対評価で受験者数は落ちていて合格者が純増しているわけではありませんから、合格者のレベルが上がっているとみるべきでしょう。

相対的に、本気で合格を目指している受験生が増えているのでしょうね。

おすすめの通信講座

アガルートアカデミー

アガルートアカデミー行政書士試験講座トップページサムネイル

大手法律予備校講師が独立して開業した新進の通信専門難関試験予備校です。高い合格率がウリ。講座料金は相場より高め設定ですが、サポート体制も厚く、全額キャッシュバック制度を利用できれば最強の講座と言えます。

アガルートアカデミー 公式HPへ

フォーサイト

フォーサイト行政書士講座サトップページサムネイル

通信専門ならではの低価格と高い合格率で名をはせる総合通信講座のフォーサイトです。通信専門では珍しい教育訓練給付制度適用講座を持っており、講義メディアでDVDが用意されている唯一の講座です。人気も高いです。

フォーサイト 公式HPへ

伊藤塾

伊藤塾行政書士試験対策講座トップページサムネイル

法律資格予備校では最も有名な大手予備校の伊藤塾です。伊藤塾ならではの緻密なカリキュラムと精鋭揃いの講師陣で合格者を多数輩出。通学コースも選べますが、料金も相場の2倍以上が必要になります。

伊藤塾 公式HPへ

資格スクエア

資格スクエア行政書士講座トップページサムネイル

新興の通信専門の法律資格予備校です。「合格のための講座」が徹底しており、一切の無駄を排した効率重視の講座です。低価格も魅力的で、テキストは冊子タイプですが、ウェブテキストも利用できます。

資格スクエア 公式HPへ

STUDYing

STUDYing行政書士トップページサムネイル

隙間時間での学習を意識した通信専門予備校で、講義はもちろんですが、テキストや問題集もウェブという点が時代を表しています。ウェブデバイスに特化することによって業界最安値の講座を実現しています。

STUDYing行政書士 公式HPへ