行政書士バッジ

行政書士ってなにやる人?

ところで、行政書士試験合格を目指す方であれば、「行政書士になってバリバリ働くぞ!」というビジョンはあるのだと思いますが、まだ受験どうするか決めていないよという方だったら、「行政書士ってどんな仕事?」って方も少なくないのではないでしょうか。

行政書士は「街の法律家」なんて呼ばれていますよね。まあ法律家なんだろうなーというのはありますが、弁護士のように仕事のイメージはしづらいかもしれませんね。そこで、行政書士の業務についてご説明しておこうと思います。

行政書士とは

行政書士とは国家資格であり、行政書士法に基づく法律家です。士業法律家というと、他に弁護士、司法書士がありますが、それぞれ棲み分けがあって職務領域というものがあります。弁護士は、法律全般ですが、弁護士たる所以は訴訟代理人としての役割です。裁判の際の代理人は、行政書士でも司法書士でもできません。司法書士は、不動産や法人の権利関係の書士で登記のプロフェッショナルです。

行政書士の仕事は、「官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成すること(行政書士法第1条の2)」が主な仕事です、ってこれだけではわかりづらいと思いますので、もう少し詳しくお話していきましょう。

書類作成という仕事

古物商許可証

「官公庁に出す書類」というのは、「許認可にかかる各種申請書等」のことです。役所に出す書類ということですが、パッと考えて思い浮かぶのは、古物商許可申請や帰化許可申請の書類です。帰化とは外国籍の者が日本国籍を取得することですが、日本国籍を取りたければ役所に申請して許可を受けなければなりません。その申請書作成は行政書士の仕事です。運転免許更新の申請書もそうです。これら申請は、法務省や警察庁の所管ですが、このような公的な書類作成は行政書士の仕事です。行政書士というともっともイメージしやすい業務ですね。

また、権利義務関係や事実の証明ですが、「契約書・遺産分割協議書等」、「相続相関図、事故状況報告書等」,こういったもの証明は法律的な効果をもたらすために作成するわけです。「この土地の所有権者は○○に帰属する」とか、そんな証明ですね。こんなの、近所のオッサンに証明してもらっても殆ど意味がないのです。誰が作成してもいいというものではありません。ちゃんと法律の事が訳わかっていて公的な資格を持った者が証明しないと、世間で通用する証明にはなりません。

そういった証明書作成も、行政書士の主な仕事になります。

その他

その他の仕事ですが、法律相談なども受け付けてくれますね。こちらの方がイメージしやすいですが、法律の素人である一般住民が、何かトラブルに巻き込まれて法的な相談を受ければ、何らかのアドバイスをしてくれます。

行政書士にできない仕事

行政書士

ざっとですが行政書士の業務についてお話しました。先ほど、士業法律家はそれぞれ職務領域があるとお話しました。この職務領域は法律で決められていて、その資格を持つ者以外は侵すことはできないのですね。

行政書士だったら、司法書士や弁護士の職務領域は侵せませんし、その逆も然りです。例えば、行政書士は登記申請業務(司法書士)や訴訟代理人(弁護士)はしてはいけません。法律違反になります。

もちろん、それぞれ法律家なので、職務が重なっている部分もありますが、それぞれの核心部分は法によって守られているのです。